Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タイトルバナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア紙が長友と内田の日本人対決を絶賛「まるで黒澤映画。日出ずる国のサッカーは偉大」

13日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦で、シャルケが2-1でインテルを下し、2戦合計スコア7-3でクラブ史上初となる準決勝進出を決めた。
インテルDFの長友佑都とシャルケDFの内田篤人は、ともに先発フル出場。
序盤から両者が激しくぶつかり合う展開となったが、日本人初となるベスト4の舞台に駒を進めたのは内田となった。
イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙は、長友にチーム最高点となる「6.5」をつけ、チームのマン・オブ・ザ・マッチに選出。「長友はマンガではないしキャプテン翼から生まれてきたわけではない。それでも、1時間に渡り(イタリアのポップシンガー)ジョウァノッティの歌の高まりように、サイドで上下動を繰り返した。彼をレギュラーのままにしてくれ」と、敗戦チームながらも高い評価を下した。

2ちゃんねるニュース参照 → http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1302775681/-100

やっぱりすげぇな
関連記事

この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。