Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タイトルバナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力福島第1原発事故で、事故対策統合本部事務局長の細野豪志首相補佐官は16日、「1号機で炉心の完全溶融(全炉心溶融)をなかなか認定できなかったのは反省しなければならない。2、3号機でもそういうことがあり得ると考えている」と述べ、両機でも全炉心溶融(メルトダウン)が起きている可能性があるとの認識を示した。
原発2
細野補佐官は、3月11日の地震直後、原子炉への冷却水の注入が途絶えたのは1号機が14時間9分、2号機が6時間29分、3号機が6時間43分だったとした。

 東電も「1号機同様に、2、3号機でも実際の水位は見かけより低い」として、「最悪のケースでは、炉心の形状を維持せず、落下している」との見方を明らかにしている。

 また、東電は同日、3号機タービン建屋地下などにたまった高濃度の放射性物質を含む汚染水を、17日から集中廃棄物処理施設に移送すると発表した。

 移送される汚染水は約4千トン。4号機タービン建屋内を経由して集中廃棄物処理施設までホースを敷設し、ポンプでくみ上げる。3号機タービン建屋地下などには約2万2千トンの汚染水があるとみられている。


livedoorニュース参照 → http://news.livedoor.com/article/detail/5562287/
関連記事
Powered By 我RSS

この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。