Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タイトルバナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故障者リスト(DL)入りが決まった松坂は、不機嫌さを隠そうとしなかった。メジャー5年目で6度目の戦線離脱に気持ちの整理がつかないのか、この日はノーコメント。
レッドソックス 松坂
肘の張りが最初に出たのは、4月29日のマリナーズ戦。捕手のバリテックが異変に気づき、首脳陣が五回途中で降板を決めた。この時は「自分では投げられると思った」と話したが、6回4失点で勝ち投手になった5月8日のツインズ戦は「肘がどういう反応をするか分からなかった」と不安を抱えての投球だった。

 16日のオリオールズ戦は、速球が走らず変化球を多用した。肘の位置を下げてスリークオーター気味に投げ、五回途中まで持たせるのがやっとだった。思い切りの良い腕の振りを取り戻すため、必要な休養と割り切るしかない。


イザ参照 → http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/mlb/507463/
関連記事
Powered By 我RSS

この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。