Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タイトルバナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂は5日、米国の子会社が運営するウェブサイトが不正侵入を受け、サーバー内の情報の一部がインターネット上に流出したことを明らかにした。サイトのプログラム情報が中心とみられ「個人情報は流出していない」(広報)としている。
任天堂
ゲーム業界では、ソニーのオンラインサービスやスクウェア・エニックス・ホールディングスのサイトから大量の個人情報が流出。不正アクセス防止が急務となっている。

 任天堂によると、子会社の米国任天堂のサイトが不正侵入を受けたのは数週間前。盗んだとみられるプログラム情報がネット上に公開されていた。

 サイトでは利用者の氏名、住所などを取り扱うサービスもあるが、今回侵入されたサーバーに個人情報は保存していなかったという。このため任天堂は不正侵入を公表していなかった。


イザ参照 → http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/510714/
関連記事
Powered By 我RSS

この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。