Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タイトルバナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本女子プロゴルフ界に新しいヒロインが誕生しようとしている。6月9日~12日まで行われたサントリーレディス(兵庫・六甲国際GC=6499ヤード、パー72)で34位に入り、ベストアマチュア賞を獲得した森美穂(18)だ。
森美穂
今春に福井工大付福井高を卒業したばかりのピチピチの18歳。父の影響から3歳でゴルフを始め、三重・木曽岬中2年時に出場した2006年の「サンスポ女子アマ」では、大会史上最年少の13歳10カ月で優勝も果たしている。

森美穂2

 ゴルフの才能に加え、そのアイドル級のルックスもあって、早くからファンの間では話題の選手だった。そして、宮里藍(25)、横峯さくら(25)、有村智恵(23)らを輩出しているサントリーレディスのベストアマとなったことで、一躍、世間の脚光を浴びることとなった。現在は、愛知・三好CCで研修生としてプロを目指して練習中の身だが、プロ入りを果たせば、大手芸能プロダクションによる争奪戦は必至といわれている。

森美穂3

 しかし、その翌週、アマチュアとしては最後の大会となるはずだった6月17日~19日のニチレイレディス(千葉・袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース=6548ヤード、パー72)では、初日、2バーディー、5ボギーの3オーバーで63位タイ発進。2日目は4バーディー、3ボギーの1アンダーと巻き返しを見せたものの、通算2オーバーの51位タイで、惜しくも1打及ばず予選落ちとなってしまった。


イザ参照 → http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/golf/514464/

ゴルフ道
ゴルフ道

関連記事
Powered By 我RSS

この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。