Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タイトルバナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

google swiffy
Adobeの「FLASH」やマイクロソフトの「Silverlight」といった既存のリッチコンテンツ配信プラットフォームに置き換わるものとして、GoogleやAppleは「HTML5」を推進していますが、ついにGoogleがFLASHコンテンツをHTML5コンテンツに自動変換できる「Google swiffy」を公開しました。
google swiffy2

FLASHコンテンツをめぐってはiPhoneやiPadなどの自社製品での非サポートを貫くAppleと、Android 2.2以降から正式対応しているGoogleとで対応は分かれていますが、「Google swiffy」はiPhoneやiPadなどでも利用可能となっています。
Googleが同社のエンジニアによる実験用サイト「Google Labs」で公開した新サービス「Google swiffy」はFLASHコンテンツをアップロードするだけでHTML5に変換できるそうです。

同サービスは「Google Chrome」や「Safari」といったWebkit対応ブラウザを搭載していればiPhoneやiPadのようなFLASH player非対応機種でも利用できるというもので、SWF8およびActionSript 2.0をサポート。SWFファイルを選択して「Upload and convert」を選択するだけでHTML5に変換できます。


Google swiffyはこちら → http://swiffy.googlelabs.com/

GIGAZINE参照 → http://gigazine.net/news/20110629_google_swiffy/
関連記事
Powered By 我RSS

この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。