Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タイトルバナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈々
愛媛県出身の声優で歌手の水樹奈々さん(31)が先月、松山市内で行った凱旋(がいせん)ライブは、地元ファン3千人が詰めかけ大盛況となった。一昨年からNHK紅白歌合戦に2年連続出場するなど、今や押しも押されもせぬトップスターの水樹さんだが、歌の基礎を身につけたのは出身地の新居浜市。「故郷は元気がもらえるところ」「ここは愛媛県出身者にとって特別なステージ」。控室で、ステージで、口を突いて出るのは故郷への熱い思いだった。
奈々2

水樹さんは新居浜市で生まれ、5歳から中学を卒業するまで、カラオケ教室を営む父親から一流の演歌歌手を目指して歌の特訓を受けた。1月に出版した自叙伝「深愛」(幻冬舎刊)には「幼稚園や学校から帰ると、すぐに父の仕事場でレッスンが始まった。とにかく放課後は急いで家に帰らなければならず、友達と道草を食うことも、居間でおやつを食べながらのんびりテレビを見ることも許されなかった。レッスンが何時に終わるかわからないから、近所の仲間と遊ぶ約束もできない」と綴っている。

 中学3年の時に「全国せとうちカラオケ選手権大会」でグランドチャンピオンになったことをきっかけに上京。奨学金を受けて東京都の堀越学園に通いながら、高校3年の時に声優としてデビューした。


イザ参照 → http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/520769/slideshow/426126/
関連記事
Powered By 我RSS

この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。